iPad Pro 新旧モデルの違いは?今から購入するならどれ?

Apple

旧モデルのiPad Pro(2018)と新モデルのiPad Pro(2020)は何が違うの?と疑問に思っていませんか?本記事では、両モデルの比較を行い、今買うならどっちがオススメか結論を出します。iPad Proのモデル選びに悩まれている方は、ぜひ本記事をご覧ください。

【結論】違いは超広角カメラ、LiDARスキャナ、Wi-Fi 6

細かい違いなどは後述しますが、新旧の大きな違いは超広角カメラの追加LiDARスキャナの追加Wi-Fi 6 対応の3点です。

 

一言で表すと、iPad Pro(2020)は「AR(拡張現実)を少し強化したマイナーアップデート」です。

 

詳しくは、以下で解説していきます。

iPad Pro 2018年モデルと2020年モデルの比較

iPad Pro(2018)とiPad Pro(2020)の仕様をまとめた表です。

製品名iPad Pro(2018)iPad Pro(2020)
ディスプレイ11インチ/12.9インチ

Liquid Retinaディスプレイ

2,388×1,668ピクセル解像度、264ppi

11インチ/12.9インチ

Liquid Retinaディスプレイ

2,388×1,668ピクセル解像度、264ppi

ディスプレイ機能最大輝度600ニト(標準)、耐指紋撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射コーティング、ProMotionテクノロジー、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ最大輝度600ニト(標準)、耐指紋撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射コーティング、ProMotionテクノロジー、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ
プロセッサーA12X(64ビットアーキテクチャ搭載 A12X Bionicチップ)A12Z(64ビットアーキテクチャ搭載 A12Z Bionicチップ)
メモリ4GB (1TBモデルのみ6GB)6GB
容量64GB、256GB、512GB、1TB128GB、256GB、512GB、1TB
サイズ(12.9インチ)高さ:280.6mm 幅:214.9mm 厚さ5.9:mm

重量:631g(Wi-Fiモデル) 633g(Cellularモデル)

高さ:280.6mm 幅:214.9mm 厚さ5.9:mm

重量:641g(Wi-Fiモデル) 643g(Cellularモデル)

サイズ(11インチ)高さ:247.6mm 幅:178.5mm 厚さ5.9:mm

重量:468g(Wi-Fiモデル) 468g(Cellularモデル)

高さ:247.6mm 幅:178.5mm 厚さ5.9:mm

重量:471g(Wi-Fiモデル) 473g(Cellularモデル)

背面カメラ12MP広角カメラ、f/1.8絞り値12MP広角カメラと10MP超広角カメラ

広角:f/1.8絞り値 超広角:f/2.4絞り値

背面カメラ機能写真とLive Photosの広色域キャプチャ、ハイブリッド赤外線フィルタ、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、タップしてフォーカス、露出コントロール、写真のスマートHDR、パノラマ(最大63MP)、バーストモード、タイマーモード、写真へのジオタグ添付写真とLive Photosの広色域キャプチャ、ハイブリッド赤外線フィルタ、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス(広角)、タップしてフォーカス(広角)、露出コントロール、写真のスマートHDR、パノラマ(最大63MP)、バーストモード、タイマーモード、写真へのジオタグ添付
True ToneフラッシュクアッドLED True Toneフラッシュより明るいTrue Toneフラッシュ
背面カメラ動画4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、1080p(240fps)スローモンションビデオに対応4Kビデオ撮影(広角:24fps、30fpsまたは60fps、超広角:60fps)、1080pスローモーションビデオ(広角:120fpsまたは240fps、超広角:240fps)に対応
背面カメラ動画機能手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、映画レベルのビデオ手ぶれ補正、連続オートフォーカスビデオ、3倍ビデオズーム、ビデオへのジオタグ添付手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、映画レベルのビデオ手ぶれ補正、連続オートフォーカスビデオ、3倍ビデオズーム、ビデオへのジオタグ添付
フロントカメラTrueDepthカメラ、700万画素 F2.2TrueDepthカメラ、700万画素 F2.2
フロントカメラ機能ポートレートモード、ポートレートライティング、アニ文字とミー文字、Live Photos、Retina Flash、写真とLive Photosの広色域キャプチャポートレートモード、ポートレートライティング、アニ文字とミー文字、Live Photos、Retina Flash、写真とLive Photosの広色域キャプチャ
フロントカメラ動画1080p HDビデオ撮影1080p HDビデオ撮影
オーディオ4スピーカーオーディオ4スピーカーオーディオ
セキュア認証Face ID、TrueDepthカメラによる顔認証の有効化Face ID、TrueDepthカメラによる顔認証の有効化
ワイヤレス通信方式Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大866Mbpsの速度Wi-Fi 6(802.11a/b/g/n/ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度
コネクタUSB-C、Smart Connector(裏面)USB-C、Smart Connector(裏面)
センサFace ID、3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー、気圧計Face ID、LiDARスキャナ、3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー、気圧計
バッテリー29.37Wh(11インチ)、36.71Wh(12.9インチ)28.65Wh(11インチ)、36.71Wh(12.9インチ)

 

この表だけだとよくわからないと思いますので、以下項目ごとに説明していきます。

プロセッサー、メモリの違い

頭脳ともいえるプロセッサ(CPU)は、A12X BionicA12Z Bionic に変更されました。

また、メモリも1TB以外のモデルでも全て6GBに変更となっています。

 

「じゃあ実際どれぐらいよくなったの?」と疑問に持つ方も多いかと思いますが、残念ながらほとんどの方は、この違いを感じられないでしょう。

 

というのも、iPad Proはもともと化け物みたいなスペックをもった製品ですので、4Kビデオをガンガン編集するとか、3Dモデルでデザインをやるとか、そういった人以外は2018年モデルのiPad Proでもオーバースペックなくらいです。

容量の違い

2020年モデルのiPad Proから、最小のストレージサイズが64GB → 128GBとなりました。

それ以外の256GB、512GB、1TBのラインナップは新旧とも同じです。

サイズの違い

11インチ、12.9インチ共に、iPad Pro(2018)とiPad Pro(2020)で大きさの違いはありません。

重量はモデルによって3g〜10g違いますが、ほぼ誤差だと思っていいでしょう。

カメラの違い

2020年モデルのiPad Proから、広角カメラの他に超広角カメラが追加になりました。写真、動画共に12MPの広角カメラと10MPの超広角カメラを使用して撮影可能です。

 

これは写真や動画などの撮影範囲が広がるのももちろんなのですが、AppleとしてはAR(拡張現実)に注力していくための追加なのではないか?と感じます。

 

iPadで写真や動画をガンガン撮りたい!って人は少ないですしね…

ワイヤレス通信方式の違い

2020年モデルのiPad Proは、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)という通信規格に対応しています。ざっくり説明すると、速い速度で通信できるよー!といったものです。

 

これだけ聞くと、「めっちゃいいじゃん!!」と思うかもしれませんが、注意点があります。

 

それは、ルーターなどの周辺環境もWi-Fi 6に対応しないと意味がないという点です。Wi-Fi 6に対応したルーターは、エントリーモデルでも1万円ほどかかってしまいますので、Wi-Fi 6に対応させたい方はその費用も考慮する必要があります。

センサーの違い

2020年モデルのiPad Proから、LiDARスキャナというセンサが搭載されています。これは、を使って距離を測るためのセンサです。

 

「光?距離?なんだかよくわからないけど、何が便利なの?」と思う方も多いと思います。

 

簡単に説明すると、Appleが注力しているAR(拡張現実)に活用されるセンサーです。AR(拡張現実)はまだまだこれからの技術ですので、多くの人はこのセンサを便利と感じる機会は少ないでしょう。

バッテリーの違い

11インチモデルのみ、2020年モデルのiPad Proでは、バッテリー容量が29.37Wh → 28.65Whと減少しています。

ただしシステム構成が異なりますし、公式ホームページでも新旧ともに最大10時間と記載されていますので、変わらないと思っていいでしょう。

価格の違い

2020年6月現在、Apple公式サイトからでは”新品“の2018年モデルを購入出来ないため、公式サイトから購入可能な”認定整備済製品“のiPad Pro(2018)と”新品“のiPad Pro(2020)の比較を行います。

 

認定整備済製品って何?という方は、下記記事で解説しているので参考にして下さい。

Apple認定整備済製品とは?気になるポイントまとめ!
Appleの「認定整備済製品」とは、ユーザーなどから返品された製品を修理・清掃し、再販している製品のこと!いわゆる「新古品」に近いイメージ。

 

11インチiPad Pro Wi-Fiモデル

2018年モデル(整備品)2020年モデル(新品)
64GB¥57,800128GB¥84,800
256GB¥71,800256GB¥95,800
512GB¥90,800512GB¥117,800
1TB¥109,8001TB¥139,800

11インチiPad Pro Wi-Fi+Cellularモデル

2018年モデル(整備品)2020年モデル(新品)
64GB¥71,800128GB¥101,800
256GB¥85,800256GB¥112,800
512GB¥104,800512GB¥134,800
1TB¥123,8001TB¥156,800

12.9インチiPad Pro Wi-Fiモデル

2018年モデル(整備品)2020年モデル(新品)
64GB¥72,800128GB¥104,800
256GB¥86,800256GB¥115,800
512GB¥105,800512GB¥137,800
1TB¥124,8001TB¥159,800

12.9インチiPad Pro Wi-Fi+Cellularモデル

2018年モデル(整備品)2020年モデル(新品)
64GB¥86,800128GB¥121,800
256GB¥100,800256GB¥132,800
512GB¥119,800512GB¥154,800
1TB¥138,8001TB¥176,800

 

同じ新品同士を比べているわけではないため、価格差がでていますが、それでも2018年モデルの方が3〜4万円程度安く購入することが可能です。

結局何がオススメ?

今からiPad Proを購入したい人におすすめするモデルは、ずばり認定整備済製品 11インチ iPad Pro(2018) Wi-Fi 64GBです!!

 

やはり超広角カメラLiDARスキャナなどを便利だと感じる人はごく一部でしょうし、AR(拡張現実)をバリバリ活用したい!最新じゃないと嫌!という人以外は、2018年モデルで十分です。

 

それに加えて整備済製品とはいえ、¥57,800(税別)〜iPad Proが買えちゃうのは本当にお得だと思います。

 

iPad Proの購入を悩んでいる方は、ぜひ認定整備済製品のiPad Proをご検討下さい。

コメント