【レビュー】大人気USB-Cハブ Anker PowerExpand+ 7-in-1

ガジェット

AnkerのPowerExpand+ 7-in-1ってすごい人気だけど、実際はどうなの?

そんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

私もM1 MacBook Air用として一番最初に購入したUSB-Cハブでした!

しかし、使用用途次第では気になるポイントもあるので、購入を検討している方は是非この記事をご覧下さい。

スポンサーリンク

【結論】持ち運び用のUSB-Cハブとしては、万能でコスパ◎

USB-A 3.0 ×2、USB-C、SDカード、micro SDカード、HDMI、PD対応USB-C充電ポート

これ1個あれば一般的な用途で困ることはほとんど無いと言ってもいいぐらい機能が充実しています。

 

また、Ankerという有名ブランドにも関わらず、比較的安い値段で購入できるのもおすすめポイントです。

 

ただし!

 

HDMIによる映像出力をしたい方は、リフレッシュレートが30kHzまでしか出ないため注意が必要です。

 

外観・サイズ・付属品レビュー【Anker PowerExpand+ 7-in-1】

付属品
  • Anker PowerExpand+ 7-in-1【本体】
  • 携帯ポーチ
  • 説明書

 

付属品は、特別変わったものは入っていませんが、専用の携帯ポーチは地味に嬉しいポイントですね。

 

 

大きさは、縦 11.5cm × 横 5.5cm × 高さ 1.6cmで、重さは99gです。

 

色は、ガンメタリックのみです。M1 MacBook Air グレーと比べてもかなり濃いめの色ですね。

デザインは好みがわかれると思いますが、個人的にはシンプルでとても好きです。

 

携帯ポーチに入れるとこんな感じです。専用ポーチなのですっぽりはまって持ち運びにとても便利

恐らくケーブル用と思われる収納場所が外側に設けられています。

 

ちなみにこの右側部分は収納ポケットではありません…

スペックレビュー【Anker PowerExpand+ 7-in-1】

詳細スペック
  • 2 × データ転送用USB-A 3.0ポート(最大5Gbps)※充電や映像出力に非対応
  • データ転送用USB-Cポート(最大5Gbps)※充電や映像出力に非対応
  • PD対応USB-C充電ポート(最大入力100W / 最大出力85W)
    ※Hub本体に15Wの給電が必要
  • microSD&SDカードスロット(最大104MB/s)
  • 最大4K (30Hz) 対応HDMIポート

 

こちら側は、データ転送用USB-CポートUSB-Aポートが2つあります。

どちらとも充電や映像出力には非対応。どちらも最大5Gbpsの転送速度になっています。

 

 

こちら側は、HDMIポートmicroSDSDPD対応のUSB-C充電ポートがあります。

 

個人的に一番気になったのがHDMIの出力ポートが最大4K リフレッシュレート30kHzという部分。

普通に使えるんですが、拡張ディスプレイなんかで使っているとどうしても動作がカタカタしてしまうので正直めちゃくちゃ気になりました…

【要注意】こんな人にはおすすめ出来ない!!

こんな人にはおすすめ出来ない!
  • 一体型USB-Cハブでコンパクトに使用したい人
  • HDMI接続を頻繁にしたい人

Anker PowerExpand+ 7-in-1のようにケーブルを差し込むタイプのUSB-Cハブは、どうしてもハブ周りがごちゃごちゃしがちです。

 

以下一体型のUSB-Cハブのように、シンプルにすっきり使用したい方にはおすすめできません。

Amazon.co.jp: Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ 4K対応 HDMIポート 100W Power Delivery 対応 多機能USB-Cポート USB-A ポート microSD & SDカード スロット搭載 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ 4K対応 HDMIポート 100W Power Delivery 対応 多機能USB-Cポート USB-A ポート microSD & SDカード スロット搭載 : パソコン・周辺機器

 

また、HDMI接続を頻繁にする方も要注意です。

AnkerのPowerExpand+ 7-in-1の映像出力HDMIのリフレッシュレートは30kHzまでしか対応していません。

 

一応問題なく使用できるのですが、一般的なPCのリフレッシュレートは60kHz以上が主流です。

拡張ディスプレイなどで使用していると、内部ディスプレイはぬるぬる動く外部ディスプレイはカクカク動くといった具合に、差が出てしまうので個人的にはめちゃくちゃ気になりました!!

こんな人におすすめ!【Anker PowerExpand+ 7-in-1】

こんな人におすすめ!
  • 持ち運びがメイン
  • HDMI接続は滅多にしない人

逆に、HDMI接続を滅多にしない人にはこれしかない!と言ってもいいぐらいおすすめ出来ます。

一般的に使うであろうmicro SD & SD、USB-C、USB-Aもばっちり搭載されていて、なおかつ専用の携帯ポーチが付属しているところが地味に嬉しいですし、これが意外と大きなポイントだと思います。

 

MacBook Air などのノートPCを使用する方は、そもそも持ち運びする事が多いはずです。

その際に、USB-Cハブも一緒にカバンなどに入れて持ち運ぶと思います。

 

専用ポーチがあると周りの荷物からハブも守られますし、逆に一緒に運んでいる機器を傷つける心配もなくて安心ですよね。

 

持ち運び用として探している方は是非検討してみてください。

Amazon.co.jp: Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 85Wパススルー充電 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 85Wパススルー充電 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート : パソコン・周辺機器

コメント