Apple iPad SSD

iPadでSSDが認識しない?どうすればいいの?フォーマット方法は?

新しく買ったSSDがiPadで認識されない!?

もしかしてSSDが故障している!?と焦っていませんか?原因は、SSDのフォーマット形式にある可能性があります。

本記事では、以下項目に関して詳しく解説しています。

  • iPadでSSDが認識しない理由
  • SSDの再フォーマット方法
  • iPadに適したフォーマット形式

iPadでSSDが認識しない!どうすればいいの?と困っている方は、是非記事を参考にしてください。

【結論】認識しない理由は、SSDがNTFS形式になっているかも!

新しく買ったSSDは、NTFSという形式でフォーマットされている事があります。

このNTFSという形式は、Windows用のファイル管理システムですので、必然的にApple製品で使うことは出来ません。

でも安心してください!NTFSになっている場合でもSSDをパソコンに接続して、別形式に再フォーマットし直せば問題なく使用できます。

SSDのフォーマット方法がわからない方や、iPadはどの形式にフォーマットすればいいかわからない人は、詳細を後述していますので参考にしてください。

ポイント

  • 新しいSSDはNTFSという形式(Windows専用)でフォーマットされている事がある
  • NTFS形式のSSDでもPCを使用して再度フォーマットし直せば問題なくiPadで使用できる

SSDの再フォーマット方法

SSDを再フォーマットするためには、パソコンが必要です。今回はMacでの操作方法をご説明します。

SSDをMacに接続してから、以下手順のように進めてください。

手順① 画面上部のツールバーから移動 → ユーティリティを選択

手順② ディスクユーティリティを選択

手順③ フォーマットしたいSSDを選んでから消去ボタンを選択

手順④ SSDの名前を決めて、好きなフォーマットを選択後に消去ボタン

あとは、自動でフォーマットが開始されるので待っていれば終わります。

フォーマット形式が多すぎて何を選んだらいいかわからない!!
iPadにはどの形式がおすすめ?

ご安心ください。そんな方も多いと思うので、どのフォーマットを選んだらいいのかを後述します。

iPadに適したフォーマット形式は?

【前提】iPadで使用可能なフォーマット形式

Apple公式ページでは、iPadの外部ストレージに関して以下のような記載があります。

USBドライブは、データパーティションが1つのみであり、FAT、FAT32、exFAT(FAT64)、またはAPFSでフォーマットされている必要があります。USBドライブのフォーマットを変更するには、MacまたはPCを使用します。

引用:Apple公式

exFAT(FAT64)という形式は、FAT・FAT32の後継の形式です。

ですので、古い電気製品でもSSDを使いたい!という方以外は、exFAT(FAT64)APFSを選択することになります。

Apple製品でのみ使用する場合は、APFS

iPad専用、あるいはMacBookなどのApple製品と共有したい場合は、APFS形式をオススメします。

APFSはApple File Systemの略で、その名の通りApple製品専用のフォーマット形式です。

この形式は、Appleデバイス用として最適化されているという事もあり、様々なメリットがあります。

メリット

  • SSD及びフラッシュメモリに特化されているため速度が速い
  • ファイルの安定性が高い、ファイルが壊れにくい
  • 暗号化にも対応しているため、盗難・紛失といった万が一の備えが出来る
  • スナップショット機能でデータ復元が出来る場合がある

基本的にApple製品でしか使わない方は、絶対にAPFS形式をオススメします。

ちなみに、APFSを選ぶ際に暗号化大文字/小文字を区別といった項目を選べます。

暗号化

暗号化というのは、SSD・HDDをデバイスに接続した際にパスワード入力をしないとデータを読み込めない機能です。

盗難や紛失で情報漏洩するとヤバい場合は、暗号化しておきましょう。

ただし、SSDの仕様によっては読み書き速度が低下する場合があります。

大文字/小文字を区別

ファイルシステム側が大文字と小文字を区別するようなります。例えば、「Photo」「PHOTO」違うものだと判断します。

これを区別するように設定してしまうと、一部アプリが正常に動かなくなる事があります。

どういうことかと言うと、ストレージ側に「Photo」というフォルダがあったと仮定して、アプリ側が大文字小文字を区別せずに「PHOTO」フォルダを探しにいってしまうと、見つけられないことになります。

ということで、わかってる人(意図して区別したい人)以外は絶対にオススメしません!

ちなみに、MacBook内部ストレージも大文字/小文字を区別していません。

WindowsPCでも使いたい場合は、exFAT(FAT64)

iPad以外にWindowsPCでも使いたい場合は、exFATがオススメです。

圧縮・暗号化機能はないものの、単一ファイルの容量制限もありませんwindowsでもmacでも使えるのはとても便利です。

ただし、APFSと比べてしまうと安定性はイマイチですし、暗号化できないため盗難紛失などでの情報漏洩も心配です。そのあたりのデメリットを把握した上で使用してください。

これでも解決しない場合は、電源を確認

LightningポートのiPadやiPhoneを使用している方は、SSDに電源が供給されていない可能性もあります。下記記事で詳しく解説していますので、まだ認識しない!という方は確認してみてください。

以上、iPadでSSDが反応しない問題は解決しましたでしょうか?

以下記事では、iPadにおすすめのSSDを紹介しています。気になる方は参考にしてみてください。

-Apple, iPad, SSD
-